FC2ブログ

梅雨前のキノコ採り

今日は28℃まで気温が上がったそうで今年一番の暑さだったそうです。
明日からは平年並みに気温が戻るそうで暫くはまた過ごしやすい日が続いてくれるのが
嬉しいですね。
そろそろ梅雨入りだと思ってたのですがまだ九州四国が入ったばかりのようです。
梅雨に入るとキノコも色々出てくるのですけれどもね。
夏の間の雨が少ないと秋のキノコも不作になりがちなのでラニーニャもあまり歓迎できません。
そんなこんなで色々考えつつ先日山のキノコを見てきました。

マツオウジ
この時期のキノコ、マツオウジです。毎年この頃に同じ場所に発生してくれます。
どちらかと言うと枯れてから5年以上経ってる古く朽ちている
倒木、切り株などから発生することが多いように思います。
大型で肉質が硬く締まり食べ応えが合って重宝するキノコです。
ただし体質によっては中毒することもあり、注意が必要なキノコです。

ウスタケ
こちらはもうちょっと先の梅雨~夏にかけて発生するウスタケです。
夏場のの山では珍しくなく湿った場所を好み特に薄暗い杉林や沢沿いなどでは群生も見られます。
このキノコは有毒でそのまま食べますと中毒しますがシャグマアミガサタケ同様
湯でこぼすことにより食用となります。
やや食感重視のキノコで味はあまりないように思います。

シモコシ
こちらのキノコは晩秋頃に海岸の赤松林に発生するシモコシです。
気温の低い日があったせいか間違えて出てきていました。
海岸に多いキノコですが山にもないわけではなく、砂地の松林と言う条件がそろっていれば
山でも発生します。この写真も山で撮りました。
柄が太く歯切れが良くて味もよく美味しいキノコです。

アミタケ
こちらは初秋の頃に松林に発生するアミタケです。
スーパーなどでも売られていることのある割と有名なきのこでしょうか。
茹でると紫色になりつるんとした舌触りで歯切れも良いので
色々な料理に使われます。

このほかにも例年ならハツタケやナラタケが出ていることもあるのですが
今回は見当たりませんでした。

もう少しすると夏キノコのシーズンですが暑さと蚊の多さで
一回行くと暫く行く気をなくしてしまうんですよ(´Д`;)ヾ
今年はHPの方もあるのでそうも言ってられませんが最近は更新もほっぽってるしなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

cocotte

Author:cocotte
宮城県在住
2X歳 ♂

ホームページ



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク