FC2ブログ

シャクヤクの蕾に集る蟻の謎

最近夜になると家の裏の山のほうで子猫?の泣き声が聞こえてきます。
野良猫が繁殖してしまったのかちょっと不安の日々です。
先日、庭のシャクヤクが開花しました。
開花シャクヤク
珍しいものでもありませんが一応写真をば。
シャクヤクは育てている方も結構多いかと思います。
あまり綺麗な写真じゃなくてすいませんorz

このシャクヤク蕾の状態のときにかなりの数の蟻が群がるんですよ。
少し時間を遡りましょう。
蟻だらけの蕾
こんな感じに結構群がります。
最初見たときはアブラムシでもいるのかと目を凝らしてみたのですがまったく見当たりません。
蟻も蕾の周りを動くだけであまり動きません。

この蟻の行動の謎が別の場所の虫の付いていないシャクヤクの蕾をみて解決しました。
滲み出る蜜
蕾に水滴のようなものが付いていますが
この蕾、別に雨上がり後の写真ではありません。快晴の続いた日に撮りました。
これを舐めてみると

あまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい(゚∀゚)(スピワゴ)

いや本当に甘いです。蕾の状態でも蜜を出しているんですね。

なぜなのかは詳しくは知りませんが蕾の状態で蜜を出すことによって
蟻を呼んで外敵から身を守ってるのでしょうか。
植物も色々考えているんですね。
スポンサーサイト



テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

先日、私が跡をつけているのを気付かずに庭の花壇に向かう猫がいました。脅かして追い返しましたが、今まで見たことがない猫...
orz

シャクヤクと蟻の関係はそういうことだったんですね。
身近にシャクヤクがないので確かめられませんが、庭ではよく、ムクゲの蕾にたかっています。
実際、アブラムシもつくので、そのせいかもしれませんが、蕾に群がるのは何故だろうと思っていました。
もしかしたら、ムクゲも蜜を出しているのかもしれませんね。
 
この前の日記でブルーベリーの様子を拝見しましたが、色々な種類を育てると、開花期のずれがあって、長く楽しめるんですね。
こちらの庭のティフブルーは少しずつ赤みを増してきました。

猫がガーデニングの一番の天敵かもしれませんね。
こちらは大分前に石をあててから姿は見ていません。
そのかわりにおヘビ様が増えていたようでシマ×1アオダイショウ×1ヤマカガシ×2
を確認しました。大人しいので特に問題ないんですけどね。

シャクヤクは完全に開花すると蟻もいなくなるようです。
逆にこちらではムクゲがないので確認できませんが同じように蜜を出しているのでしょうね。

ブルーベリーは花もそうですが収穫が長い間できるというほうも大きいです。
大体ハイブッシュ系で6-7月、ラビットアイ系で8,9月あたりですので長期収穫できるのが嬉しいですよ。

プロフィール

cocotte

Author:cocotte
宮城県在住
2X歳 ♂

ホームページ



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク